ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機の配送を1番安くする方法

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

 

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて大きくて重いですね。
持つところもないので自力で運ぶのは困難です。

 

ドラム式洗濯機を運ぶなら引越し業者にお任せするのが1番です。

 

洗濯機を運んでくれそうな業者と言えば、引越し業者・宅配業者・便利屋などが考えられます。
この中で1番数が多いのが引越し業者です。

 

多くの業者があれば競争が生まれますので、配送費用も安くなる可能性が高くなります。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、簡単に最安値の業者を探すことが出来ます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

引越し業者は洗濯機だけ運ぶという単品配送サービスを行っているところもあります。
引越しじゃなくて、家具をだれかにあげたいときや2階へ運んでほしいときなどにも利用できます。

 

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて設置するのも手間がかかります。
引越し業者ならドラム式洗濯機の設置もしてくれますよ。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの繁忙期は費用が高い

 

引越しの繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。
この時期は1年で1番忙しいため、引越し費用が通常よりも高くなります。
もちろんドラム式洗濯機の配送をしたい場合でもそうなので、時期にこだわりがないなら繁忙期は避けましょう。

 

それで繁忙期っていつ?
繁忙期は3月前後になります。
2月の終わりから3月まるまるそして4月の上旬まで、引越しの件数は多いです。

 

なぜ繁忙期はできるのか?
それは新学期が4月だからです。
新学期に向けて、新大学生や新社会人は一人暮らしをしたり寮に入ったりと準備をします。

 

他にも春の人事異動で転勤になったサラリーマンや家族、単身赴任をするサラリーマンも加わってこの時期の引越し業者はネコの手も借りたいほど忙しいのです。
もし繁忙期に引越ししなければならないなら、新居が決まったらすぐに見積もりを取って比較して1番良い業者をおさえておきましょう。

 

出遅れると、引越し希望日に引越し業者が見つからないという最悪なことになります。

 

 

引越し費用を安くするために条件を見直す

 

引越しの条件見直し

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいなら、引越しの条件を見直ししてみませんか?

 

引っ越しの費用は荷物の量が多ければ多いほど高くなりますので、引越しの前に捨てる、あげる、売るなどして処分してください。

 

引越し日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるため人気があります。
そのため土日祝日の引越し費用は平日よりもやや高めです。
出来ることなら平日に引越しして割引してもらいましょう。

 

午前中と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
それはそうです、早く荷物を運び入れて荷解きしたいですよね。
ですから午後便や時間を指定しないフリー便なら割引をしてくれる可能性が高いです。

 

もし引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、自力で引越しする方法もありますね。
レンタカーもありますが自分で運転して何往復もするのは結構大変ですから、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

費用が高くなる遠距離の引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。
コンテナ便やパック便も人気です。
引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しをレンタルトラックで行う

 

引越し レンタルトラック

 

レンタルトラックで洗濯機の配送や引越しを自分でやったら、配送費用はかなり安くなるのでしょうか?
いろいろな面でからシュミレーションをしてみました。

 

まずは普通免許で借りられるレンタルトラックのサイズですが、1tトラック・1.5tトラック、軽トラックのいずれかでした。
これらのトラックの荷台サイズは次の通りです。

 

1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

どの大きさにするかは、荷物の量、家財の数などで決めてください。
洗濯機だけとか冷蔵庫だけという単品配送なら、軽トラックでもいいかと思います。
荷物が多くて新居が近所ではない方の引越しなら、大きめのトラックを選んでくださいね。

 

自力配送でかかる費用はトラックのレンタル料金とガソリン代です。
レンタル料はどのサイズのトラックも1日7000〜10000円くらいが相場です。
これだけで済むなら安いですね。

 

しかし問題は運ぶ距離です。

 

近距離の引越しなら1日で終りますが、遠距離となるとそうはいきません。
遠距離の場合はう往復の交通費、ガソリン代もかかる上に体力的にかなり厳しいので、危険でオススメしません。

 

レンタルとトラックは、トラックを借りた営業所と違う営業所に返却することもできますが、結構な額の手数料がかかります。
レンタルトラックで行う引越しは、1日で作業が終わるくらいの距離にしましょう。

 

あとは手伝ってくれる人が2〜3人は欲しいですね。
手伝ってもらった方への謝礼も用意してくださいね。親しき仲にも礼儀ありと言いますものね

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しには多くの手順がありますのでだいたいの流れを把握しておきましょう。

 

引越し 手順

 

細かく見て行きましょう。

 

まず引越しですから引越し業者への見積もりが必要ですが、タイミングとしては新居が決まってすぐがオススメです。
引越し費用には新居の情報が必要です。
情報がないまま見積もりを依頼しても正確な金額が計算できませんし、見積もり自体をお断りされることもあります。

 

・さて引越しの荷物は少ない方が費用が安上がりです。
不用品は引越し前に処分しておきましょう。大きな家具もこの際ですから断捨離してくださいね。
粗大ごみはリサイクルセンターなどに連絡して有料で引き取りにきてもらうか、自分で持ち込んで処分することができます。
洋服やおもちゃなどはフリマアプリなどに出品して売るなどしましょう。ただし時間がかかりますから、早めに動きましょう。

 

市外引越しの場合は、引越しの2週間前から転出届を出すことができます。
転出届を出さずに引越ししてしまうと、後から提出しに戻るか書類を送ってもらうなどの手間がかかるようになります。
役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きも同時にしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などのインフラ設備は引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。
方法は各会社によって異なりますので、電話で確認してください。
ガスは安全のために引越し日に立ち合いで元栓を閉める作業があることがあります。
市内引越しの場合は、引越し日からは新居で使えるように手配しましょう。

 

・さて郵便物をそのままにしておけませんので、引越しの手配をしましょう。
最寄りの郵便局で「転居届」を提出すれば、1年間は新居に郵便物を転送してくれますのでその間に友人などに引越しの連絡をしましょう。
転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日、荷物や家財の移動は引越し業者にお任せください。
但し、引越し業者が運べない荷物があるのでご注意ください。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは、万が一のために自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出します。
これらは引越しの2週間以内におこなってください。選挙など大事なお知らせが来ないなんていうことがないようにしたいですね。

 

・運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行やクレジットカードなどの住所変更をしてください。
これらはつい忘れがちなので、自分の身の回りに住所変更すべきものがないかよく考えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学習机 引越し クレーン 引越し 介護ベッド 引越し 2段ベッド 配送 ドラム式洗濯機 引越し