ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機の配送を1番安くする方法

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

ドラム式洗濯機 配送

 

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて大きくて重いですね。
持つところもないので自力で運ぶのは困難です。

 

ドラム式洗濯機を運ぶなら引越し業者にお任せするのが1番です。

 

洗濯機を運んでくれそうな業者と言えば、引越し業者・宅配業者・便利屋などが考えられます。
この中で1番数が多いのが引越し業者です。

 

多くの業者があれば競争が生まれますので、配送費用も安くなる可能性が高くなります。

 

引越し業者一括見積もりをすれば、簡単に最安値の業者を探すことが出来ます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

引越し業者は洗濯機だけ運ぶという単品配送サービスを行っているところもあります。
引越しじゃなくて、家具をだれかにあげたいときや2階へ運んでほしいときなどにも利用できます。

 

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて設置するのも手間がかかります。
引越し業者ならドラム式洗濯機の設置もしてくれますよ。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの繁忙期は費用が高い

 

引越しの繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。
この時期は1年で1番忙しいため、引越し費用が通常よりも高くなります。
もちろんドラム式洗濯機の配送をしたい場合でもそうなので、時期にこだわりがないなら繁忙期は避けましょう。

 

それで繁忙期っていつ?
繁忙期は3月前後になります。
2月の終わりから3月まるまるそして4月の上旬まで、引越しの件数は多いです。

 

なぜ繁忙期はできるのか?
それは新学期が4月だからです。
新学期に向けて、新大学生や新社会人は一人暮らしをしたり寮に入ったりと準備をします。

 

他にも春の人事異動で転勤になったサラリーマンや家族、単身赴任をするサラリーマンも加わってこの時期の引越し業者はネコの手も借りたいほど忙しいのです。
もし繁忙期に引越ししなければならないなら、新居が決まったらすぐに見積もりを取って比較して1番良い業者をおさえておきましょう。

 

出遅れると、引越し希望日に引越し業者が見つからないという最悪なことになります。

 

 

引越し費用を安くするために条件を見直す

 

引越しの条件見直し

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいなら、引越しの条件を見直ししてみませんか?

 

引っ越しの費用は荷物の量が多ければ多いほど高くなりますので、引越しの前に捨てる、あげる、売るなどして処分してください。

 

引越し日ですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるため人気があります。
そのため土日祝日の引越し費用は平日よりもやや高めです。
出来ることなら平日に引越しして割引してもらいましょう。

 

午前中と午後であれば、午前中の引越しが人気です。
それはそうです、早く荷物を運び入れて荷解きしたいですよね。
ですから午後便や時間を指定しないフリー便なら割引をしてくれる可能性が高いです。

 

もし引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、自力で引越しする方法もありますね。
レンタカーもありますが自分で運転して何往復もするのは結構大変ですから、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。

 

費用が高くなる遠距離の引越しは、同じ方面に運びたい荷物がある人と一緒に運んでもらう混載便なら安くなります
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。
コンテナ便やパック便も人気です。
引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

 

学習机 引越し クレーン 引越し 介護ベッド 引越し 2段ベッド 配送 ドラム式洗濯機 引越し