引越し リフォーム

引越しと家のリフォーム

引越し リフォーム

 

家のリフォームや建て替えの時は、一時的に仮住まいに入居しなければなりません。
この場合、2回引越しをするので引越し費用がかさんでしまいます。

 

それに一軒家の荷物をすべて仮住まいに移そうとすると、かなり広い賃貸物件を借りる必要があります。
広い賃貸物件は当然家賃が高いですから、何ヶ月もかかるとなると不経済です。

 

しばらんく貸し倉庫を借りる方法もありますが、貸し倉庫を借りるのには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料など細々とした費用がかかります。面倒ですね。

 

実は引越し業者には家財を一時的に預かる「一時預かりサービス」をオプションで行っています。
保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費がかかりますが、貸し倉庫を借りるより手間は少ないです。

 

ところで何でもかんでも保管するのは止めましょう。
なぜなら不用品を保管するにも運搬するにも費用がかかりますので、家の建て替えやリフォームを機に不用品は処分してくださ。

 

仮住まいを探す時は不動産会社に「リフォームによる短期での契約」であることを伝えて探してもらいましょう。
短期であることを知らずに契約すると退去の際に違約金を請求されることがあるそうです。
うやむやにせず、契約の際にしっかり確認してくださいね。

トップページ > ドラム式洗濯機の配送を1番安くする方法