引越しトラック 道路の幅

引越しのトラックと物件前の道路の幅

引越し トラック 道幅

 

引越し業者はいろいろな大きさのトラックを持っています。
どの大きさのトラックを選ぶかは荷物の量次第ですが、小さいトラックのほうが大きいトラックより経費が安く済みますから、大きすぎないほうが理想的です。

 

とはいえトラックが小さすぎて荷物がすべて入り切らなかったら意味がないので、丁度いい大きさのトラックを選びましょう。

 

ただし選んだ大きさのトラックが、物件に面する道路の幅によっては使用できないこともあります。
トラックの大きさと前面道路の幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

運ぶ荷物が多ければ大きな大きいトラックを使いますが、物件に面する道路の幅が狭い時はこれが使用できません。
その時は少し離れた場所に停めて台車を使って作業するか、小さなトラックを複数台用意することになります。

 

どういう風に対処するかはケースバイケースです。

トップページ > ドラム式洗濯機の配送を1番安くする方法